一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんにちわ 



まりえ です



きのこブルーきのこグリーンきのこレッドきのこオレンジ えぇ、きのこが大好きです きのこブルーきのこグリーンきのこレッドきのこオレンジ



このBlog にしたのも認定絵文字190種中(←すごく少ない)

キノコが4種も入っていたからw 



近江でいつもお野菜を買うお店には

実はきのこコーナーがあります



なんと日本でも珍しい



 黒あわび茸 



が、畑の近くで養殖生産されていると情報キャッチ!



栽培現場に行ってまいりました〜♪











ここで普段食べている きのこ についておさらいです



彼らは天然モノと養殖モノに分けられます



● 天然モノきのこ 山野に自生 (安易に食すと心身危険 撃沈



● 養殖の代表的きのこ シイタケ マイタケ ナメコ エノキタケ ブナシメジ 



養殖の方法は



▼ 原木栽培

伐採し枯れた丸太や枝に直接種菌(たねきん)を植え付け栽培する方法



▼ 菌床栽培

菌床(オガクズ等の人工培地)でキノコを栽培する方法

ここからさらに培地の養育形状で『ビン』か『袋』に分かれる





黒あわび茸はビンで生育されていました











ご案内くださったのは

江和商事株式会社・滋賀ファームの杉田尚久さん



なんと滋賀県下唯一の きのこマイスター きのこレッドきのこグリーン さんです!











すっごいたくさんのきのこにウットリ



あー、この部屋にどれだけの胞子が

飛んでいるんだろw



 むはぁ (ちょっと深呼吸)











『ハラタケ目 ヒラタケ科 ヒラタケ属 クロアワビタケ』



このコは高温多湿の亜熱帯地方出身

日本では沖縄で早くから栽培されていたとか



しっかり肉厚、身縮みや煮崩れなし

フリッターにするとめちゃくちゃ美味しいのです











なんと



きのこ狩りさせていただきました



採れたての黒あわび茸〜♪



すべすべぷっくり、愛しいですねぇ











思わず匂いを嗅いでみました クンスカ



あれ、、あんまり匂わない?



「黒あわび茸が匂いをだすときは、もう旬は過ぎてますょ」



 えぇっ! そうなんですか?!



きのこは種によって香りの出方も違うんですね











採れたて新鮮をかじってみようかな











「きのこの生食はやめておいたほうが良いです◎」



「はぃ、わかりました。」











人口きのこの森はふしぎなテクスチャの壁で

覆われていました



「きのこは菌だから温度・湿度・空気があれば育ちますょ。

 逆にその管理加減がとても大切です。」











ここの黒あわび茸さんは純粋な国内産の菌を使用

(↑このあたりは別記事で詳しく書かせてください)



まりえ「きのこって農薬とか使わないんですか?」



杉田氏「我社では使いません。」



きのこの生育ベッドになる培地も自社生産と

安全性と品質にかなりのこだわりを感じました *^^*











きのこの森はまだ続いてて



なんとここは しいたけ も栽培していました!



これぞキノコッ↑ に大興奮 ↑



ふぉーっ











『ハラタケ目 キシメジ科 シイタケ属 シイタケ』



しいたけは 色・大きさ・カサの開き具合 で

グレード分けされます。



「しいたけは培地から出てきたときに

 もう、これは良いしいたけになるとか

 わかっちゃうんですょ ^^」











きのこマイスター杉田さんから 

良いしいたけの条件を聞き出してまいりましたょ! 



一.カサがあまり開いていなくて肉厚なもの



一.カサの裏側が白く、ふわっと膜をはったようなものは新鮮



一.かさは出来るだけ薄茶色のものを



一.軸はしっかりした太いものが良し











しいたけ狩りもさせていただいちゃいましたっ



その日中にテンプラに!!



シイタケの身がぷるとろ〜っ



ビアに抜群にあぅあう ビール



もっすごく美味しかったです











このオススメきのこさん

春夏冬二升五合のお野菜便」に

キマグレではいります◎



追加でカートに入るようにもしますので

特にご希望の際はお野菜便のついでに

どうぞお試しください *^^*











いずれも 100g/パック 

季節時価で多少変動しますがお値打ちです☆











最後にきのこの保存法ですが 冷凍 がオススメだとか



水洗いせずに冷蔵室、または食べやすい大きさに分けてから、

ラップに包んだ上でフリーザーバックに入れて、冷凍します



料理するときは、凍ったままがオススメです!











ますます興味深々のキノコの森

今度はもう少し勉強して探検したいと思います きのこオレンジ



杉田さん、とても興味深いたくさんのお話を

ありがとうございました!!



--




人気ブログランキングへ参加しています。励みになりますのでワンクリック、お願いいたします!

プレゼント 季節のギフトでつかっていただきました!



贈り先さまからの感想を許可をいただいたので

転載させていただきます ^^b



ビタミン大根を上手に使ってくださって嬉しいです♪











--



あらためて、彩り綺麗で新鮮なお野菜をありがとうございました。



妊娠中でお腹が張っていると外に出られない日もあるので、

お取り寄せはとても助かりますね。



新鮮でとても立派なお野菜たち、

ご近所ではなかなか手に入らない

ビタミン大根や赤こんにゃく、花びら茸など....



毎日「今日はどれとどれを使って何を作ろう」と

考えるのが楽しみでした。



完全無農薬とのこと、安心して美味しく生でもいただけました。



写真はビタミン大根を添えた、おからのハンバーグ。



お肉を一切使わず、えのき茸と玉ねぎを練りこんだ

食感楽しいハンバーグです。



ビタミン大根がとても甘い!

たっぷり添えても辛くなく、大葉とポン酢を優しく引き立ててくれました。











こちらは、水菜の白和え。



シャキッと新鮮で、無農薬なので

安心して美味しく生でいただけました。



写真が切れてしまっていますが、奥の焼き魚にも

ビタミン大根のおろしを添えています。



やっぱりあまくて美味しいです。











わかりにくい写真で申し訳ないのですが、

こちらは白菜のシュウマイ。



お豆腐と挽肉で作ったシュウマイ用のタネを白菜で包み、

蒸しました。

辛子醤油と酢醤油を用意してシュウマイ風にいただきました。



白菜がとってもトロトロで甘く、主人も大喜びでした。











菜のの花は甘さとほろ苦さが美味しく、

春を感じとても幸せな気持ちになりました。



可愛らしい花びら茸と鶏肉と一緒にパスタにしていただきました。











他、写真は撮りそびれてしまいましたが、

キャベツはキャベツのポトフと生サラダで。



甘く美味しかったです。



人参も生で味見をするととても甘く美味しかったので、

スティックサラダにしてシンプルにいただきました。



赤こんにゃくはきんぴらとすき焼き風煮で。

京都に住んでいた頃を思い出す、懐かしいこんにゃくです。



美味しくいただきました。



無農薬なので安心して生でも美味しくいただけることが

とても嬉しく、豊かな食生活を送れました。



本当にありがとうございます♪











最近は赤ちゃんもポコポコ動くのがわかるようになってきました♪



やっと春らしい天気になってきて、

そろそろお出かけが楽しい季節になりますねo(^u^)o


みなさまのおかげで完売致しました(2013年3月6日更新)



ありがとうございました!






--





この週末「春夏冬二升五合」でお世話になっている

農家さんの畑へ行ってまいりましたょ!



滋賀は大雪原w さぶー



そんななか美味しいお願いがございます☆



白菜を作りすぎてしまい、現在美味しいピークを

迎えている有機無農薬の白菜さんが1000個ほど、

畑で日の目はまだかと待機中と伺いました。











価格は



1ケース15kg(約8個入)¥***  (下記画像をご参考)





みなさまで美味しくシェアしていただけませんでしょうか。



(送料は関西でしたら2ケースまで一律¥600、東京は¥700です。)











この機会にこだわりの栽培で育った白菜を、

たくさんの方に味わっていただければ嬉しいので

滋賀県近江八幡界隈でしたら車に乗るだけ配達したり、

工夫したいと思います。



そうこうしているうちに白菜さんは開いてきてしまうので

詳細は生産者様に直接お問い合わせください。



携帯 080-****-**** 担当者:コバヤシさん(10:00〜17:00)











この白菜は味にうるさいお客様にも大好評◎



コトホギ屋Blogにも掲載しているのですが

お客様の感想に毎回といっていいほど

取り上げてもらっているお利口さんなコです。



● 逃げきれません☆白菜さんっ 



● 歓喜する細胞











キムチ作り教室や業者の方も大歓迎いたします。



愛情いっぱいの白菜をつぶすのは大変しのびなく

コトホギ屋が畑のお仕事に関わる意味を今回

とても考えました。



味・クオリティは野庵やコトホギ屋の作品同様

ピカイチを保証いたします◎



ご興味惹きましたらどうぞよろしくお願いいたします ^^




いてかえる寒さが身に染みるこの頃。

まだまだ温かいお鍋料理にシアワセを感じる毎日。







近江からむちむちっとした箱に詰まってお野菜が届くようになって、

手の掛かったお料理をしていない彩詠です(あはっ)



なんせ素材がいいもんですから、

何も足したくなーい!というのが正直なところ。

最低限の手間と+@でガシガシ栄養補給中。



今回届いたお箱の中は…

・白菜・キャベツ・春菊・なばな・赤かぶ・ビタミン大根

・ハナビラタケ・黒あわびたけ・トマト・壬生菜・人参



新聞紙に包まれたお野菜たちは、

さっきまで畑にいました(^o^)と言っています!



さてさて、

本来のお野菜はこういうモンだ☆

ということを気づかせてくれる味濃い野菜たち。

その中でもよく食べ慣れている白菜やキャベツは格別。

白菜はお鍋でトロトロになったものも好きですが、

さっと茹でて、または蒸して裂いたモノに、

鰹節とお醤油をタラリとした食べるのが一番好き。

今回もそうしようと思ったら、

野菜自体の味が濃いのでお醤油や鰹節が邪魔なんですね。

でも、何かひと味欲しい…ということで、

お醤油が登場する前のお醤油のような調味料を作ってみました。







煎り酒

江戸時代には主流だった液体調味料です。

日本酒に梅干しを入れて煮詰めたもので、

時代小説を読んでいると時折出てくるので気になっていました。

料理人が自分の味の隠し味、要になる味として大事にしていたもの。

使う日本酒と梅干しによって出来上がりの味はいろいろですが、

甘みと塩気がやさしく、醤油のように強い個性がないので、

素材本来の味を邪魔せずにより引き立ててくれます。

江戸時代の野菜は当然無農薬。

濃いしっかりとした味だったはずなので、

条件は一緒かと^^



今回は岐阜で求めてきた料理酒、味酒。

料理酒といいながらも、古酒になる基のお酒。

甘みが強い日本酒なので、梅干しの塩気とよく合うかと。

これが大正解で、風味豊かな自分だけの調味料が出来ました♪



200mlの日本酒に、

大きめの梅干し(塩と紫蘇のみで漬けられてもの)をほぐして入れ、

弱火で半量になるくらいまで煮詰めます。

うちは、ストーブでコトコト。

梅干しを漉して、一日二日寝かせた方が味が落ち着きますが、

冷めたらそのまま使っても問題なく。



基本、我が家は濃い味噌と醤油を使っているので、

薄口醤油変わりに使える調味料が出来ました♪



+++



で、他のお野菜達は…といいますと、







壬生菜は、箱の中のお手紙のお勧めな食べ方、ハリハリ鍋に。

本来は鯨と水菜ですが、

鯨よりもお手軽な豚で代用。

1週間以上、塩麹に漬け込んでいたものなので、

旨みと脂みが壬生菜に絡んでいくらでも食べられましたよ。

ちなみに壬生菜は、丸葉水菜とも言われ、

水菜とは違い丸っぽい葉っぱで、一株がとても大きい。

シャキシャキ感が食べ応えあるものでした。







〆は、細うどんと一緒に♪







ビタミン大根は、皮を剝いても鮮やか色です。







皮は細切りにして、赤かぶの葉っぱとハナビラタケと一緒に、

ガーリック炒め。

甘い!甘い!甘い!







おろしたビタミン大根は、

ゆで卵を刻んだものと一緒に炊きたてご飯の上へ。

お醤油をチョイッと垂らして食べると、

おかわりが止まりません(笑)







春菊はさっと茹でて、シメジと一緒に白黒ごま和え。

キャベツは出来たて自家製ベーコン炒め。

黒アワビタケは、フリッター。

ビールで小麦粉を溶いて薄く衣を纏わせると、

サクっと中はジューシー。



と、こんな感じで凝ったモノを作っていない我が家でした。

でも、それが一番。

大満足な食卓♪

写真撮影でお世話になったお礼に

noaさんに「春夏冬…」のお野菜を

贈ったらとびきり嬉しいお返事が☆



ご許可をいただいたので嬉しいをシェアさせてください!





--





お野菜ありがとうございました。

家族でおいしくいただきました。



母が感想とお礼を言いたいとのことなので、

お送りします。





--- ▼ ---





新鮮なお野菜をたくさんありがとうございました。



どれも新鮮で驚きました。



キャベツはいつもロールキャベツを作るときに

破れたり苦労しますが、

頂いた物は、しっかりとしてきっちり包めました。



甘みもあり、味つけをしなくてもよいくらいでした。











白菜も葉が詰まっていて、こちらで購入するものは

葉がバラバラになります。

お鍋でおいしくいただきました。



おねぎも太くてしっかりしてお鍋で食べました。

青い部分は小口切りにし、お味噌汁に入れました。





初めて食べたビタミン大根はおろし、魚の付け合せに、

また薄切りにし、ニンジンとともにサラダにすると甘みもあり

おいしくいただきました。





切干大根は大きくて食べごたえがあり、

半分は戻してサラダに。

残りは煮物にしおいしくいただきました。











菜の花は油でいため、めんつゆ、辛子で和え

おいしくいただきました。



スティックブロッコリーはゆでてお弁当にもいれました。



トマトも甘くサラダに。



ホウレンソウは和え物、味噌汁に食べました。











野菜高騰の折、丹精こめて作られた野菜は余すことなく、

いただきます。



本当にありがとうございました。





--- ▲ ---





というわけで、noaママはとても感激していました!!

私は食べる専門でした(笑)



少しだけ写真を撮ったので添付します。



noa



--



noa ちゃん、いつも楽しいを広げてくれて

本当にありがとうございます♪



畑からのツクリテさん、送る作業場から

みんなとっても喜びます☆



カメラ担いで是非ゼヒ、近江へみなさんで

いらしてください ^^b



一緒に畑の虫をきゃあきゃあ言いながら

激写しませぅ



多謝





marie **


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    marie
  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    芦田
  • 素材と調味料の美味しい関係
    彩詠
  • 素材と調味料の美味しい関係
    白木滋里
  • 冬のお野菜便*感想 (noa様)
    noa
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    marie
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    iko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM