一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク









お正月休みも終わり、お仕事も本格的に始まってる連休明けでしょうか?

今年はどんなコトホギ屋になるでしょう。

いろいろと楽しみな始まりです。



+++++



さてさて彩詠宅は、夫婦(めおと)暮らし。

なので、年末年始はお互いの実家へ帰省旅でした。

仕事始め前にいつものおうちに戻った翌朝。



「あらためまして、あけましておめでとうございます」

「今年もどうぞよろしくお願いします」



とお雑煮を前にして、

向かい合ってご挨拶するのがここ何年かの1月始めです。







今年は素敵な折敷がやってきていましたので、、

京都の骨董店で見つけたお椀を合わせて。



あ、ちなみにこのお椀は実は菓子椀。

蓋の高台部分が広いので、黒文字を上に乗せやすくなっています。

お茶事での主菓子をお出しする時に最も正式な菓子器になりますが、

普通に煮物湾としても使ったりしています。

余談でした(笑)



祝いのお膳には、祝い箸は欠かせません。

特にお正月は日々の日常の中の一番のハレの日といってもいい日。

昔は、お正月がくるとひとつ、年を重ねておりました。

彩詠実家でもお正月前には家長である父が祝い箸にそれぞれの名前を書いて、

なおかつ、お正月に迎える年齢も書いてくれていました。

大晦日、神棚にお供えをして、お正月の三が日はこのお箸を使い、

使ったお箸は各々清めて、また箸袋に戻しては使う。

すべては、神様からのギフトととらえて、

まずは与えて頂いたことに感謝してお供えをして、

それから頂く、そんなことが昔から脈々と続いています。

モノがあふれるこの時代こそ、改めて日々の生活を丁寧に…

お正月の祝い箸に触れる度に感じる彩詠です。







今年の祝い箸は、鶴さんと亀さんが仲良く並んだ満寿のお箸。

特別感がいっぱい!

お箸についての詳しいことは、<祝いの日の箸>にも書かれていますので、

どうぞご参考になさってくださいね。







我が家は二人とも中部地方の出身ですので、

実にシンプルなお雑煮。

雑煮、というには???と言われそうなくらい具が入っておりません(笑)

鰹出汁に、角餅を焼かずに煮て、餅菜に削り節のみ。







シンプル簡単、毎日でも食べられるん♪

お雑煮好きな彩詠です。



ご馳走様でした。



+++++



さて、素敵な水引の鶴亀さん。

このまま今年の記念に仕舞って置いてもいいのですが、

お祝い気分の新年会ご飯に添えてみます。







箸置きとしても、存在感抜群。

お正月だけでなく、一年通しての祝いのお席に華を添えてくれます。



この日の新年会メニューは、



季節の野菜蒸し(白菜・人参・レンコン)

数の子・伊達巻き・小鯛の笹漬け・千枚漬け

鰯の熱々つみれ汁

多幸(タコ)と黒豆の炊き込みご飯



縁起の良い旬の食材で揃えてみました。



今年も一年、美味しく食べて楽しく集えますように♪



+++++



さ、お次は 鏡開き。

松の内を1/7(→1/11)にするか、

1/15(→1/20)にするかによって鏡開きの日も違いますし、

京都では1/4のようですね。



1・1・1と願いが届きやすい数字の並びの1/11。

我が家では、この日を鏡開きにしています。

明日は、善哉だなっと♪



この時も、鶴亀さんやあわじ結びの祝い箸を添えると、

新しい年がより開ける気分になるかと。



今、この時に生を受け、生かして頂いていることに感謝して。

日々のちょっとした歓びを丁寧に祝うこと。



今年はそんな年にしたいものです。




立夏を過ぎ、

日に日に汗ばむ陽気になってきています。

今週は、どうやら荒れ模様、雨模様になりそうな予報…(>_<)

お出かけには、手ぬぐいがますます欠かせませんっ!

手ぬぐいloveな、彩詠です。

ゴールデンウィーク明け、いかがお過ごしでしょうか?



ゴールデンウィークもPCに向かって仕事中のワタクシ。

この週末からが、彩詠のゴールデンウィークどす!

(すでに気持ちは京都へ飛んでるん♪)







手ぬぐい、まだコトホギ屋には出ておりませんが、

後々、登場してくるアイテムです。



昔から開店祝いのご挨拶やらお中元などのご挨拶など、

季節やおめでたいご挨拶には欠かせない手ぬぐい。

一枚の布に送る側の想いが凝縮してデザインされている手ぬぐいは、

昔ながらの伝統的な手法によって染められているものが多く、

かしこまったご挨拶には欠かせないのに、

普段使いできる芸術品。



そんな魅力に取り憑かれ、使い倒している手ぬぐい。



(ウン年前、手ぬぐいでNHKのTV取材も受けたことあるワタシ・笑)



とっておき!でもないかもしれませんが、

お勧めな使い方はマウスパット。







お手軽に取り替えられて、お洗濯可能。

これからの汗ばむ時期には、特にお勧め。



仕事でPCに向かう時も、

るるん♪と楽しい気分にしてくれる手ぬぐいは、

切り紙作家 矢口加奈子氏のデザイン。

現在、京都での 立夏の展示 で実際にお手に取って頂けます!



他にはない、ここでしかない色と柄の手ぬぐい。

幾通りにも使い回せる1枚の布、手ぬぐい。

使うほどに、水をくぐるほどに柔らかく変化していく芸術作品、

手ぬぐい。



暑くなりそうなこの夏、

クーラーの代わりに手ぬぐいと団扇(扇子)をぜひお供に。

どのアイテムも、京都であなたをお待ちしています!



京都の展示は、来週15日(日)マデ。

アナタのお気に入りを、ぜひ見つけに来てくださいね♪







今年は、タイミング良く買い求めることができた とらやの柏餅。

やわらかなもち肌に、ムギュっとしたくなる彩詠です。

(葉をめくったら、兜をかぶってるような姿に、お!っと(笑)

端午の節句、いかがお過ごしでしょうか?



柏の葉は、新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、

「子孫繁栄」家系が途切れない という縁起物で食されます。



コトホギ屋も、末永くお客様に愛され、

素敵な出会いが途切れないように想いを込めて、

パクリと柏餅を頂きました!



うーん、美味しい♪



季節の和菓子、特に節目に昔から食べられているものは、

すべて由来やら想い、縁起物が多いのです。

コトホグ時には欠かせない古来からの和菓子。

折に触れ、ご紹介できたらと思っています!



そして、美味しい和菓子を受け止めてくれる器も外せません。

今年は新しく我が家にやってきた、

shimoo design のミニトレイ THIN や膳 折敷 saki

普段の何気ないお茶菓子から、季節のキチンとした和菓子まで、

素敵に受け止めてくれ、

凛としたたたずまいにしてくれます。

が!

私のつたない写真では、良さ半減かも…orz。



というわけで、本日端午の節句から一週間あまり、

京都にて実際に手に取っていただける 立夏の展示 を行っています。







野庵+コトホギ屋 2011 立夏の展示



「夏の気 はじめて立つ」



日程  5/5(木)から5/15(日)まで (月・火お休み) 12:00〜19:00



場所  taste SHINYA.

京都市中京区麩屋町通蛸薬師角474-1.

(場所は京都四条河原町駅直近 錦市場の傍です。)

TEL:075-211-0562







美味しいモノにあふれる錦市場の傍。

野庵の作家さんの秘蔵一点物から、コトホギ屋で扱うラインナップ、

そして、もうすぐopenになる 奈良のゲストハウス【KAEKA】のご案内など。



盛りだくさんにて、店主・毬詠がお待ちしております。

彩詠も来週末には、京都へ飛ぶ予定。

それまでは、こちら側でサポート。



折りに触れ、これからコトホギ屋で登場するプロダクトなど、

少しずつご紹介できたら、と思っています。



まずは、お近くの関西の方。

そして、野庵の作家さんのファンの方々。

GWの混雑期を外して、関西方面へお出かけになれる方々。



京都の素敵空間へぜひ、足を伸ばしてみてくださいね♪

お待ちしております!


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    marie
  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    芦田
  • 素材と調味料の美味しい関係
    彩詠
  • 素材と調味料の美味しい関係
    白木滋里
  • 冬のお野菜便*感想 (noa様)
    noa
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    marie
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    iko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM