一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

もう、2015年も半分終わり掛け、ご無沙汰しておりますが…
ゆっくりペースで今年2015年もコダワリの草履を作っております!
どうぞのんびりペースでお付き合いくださいませ。
(その分、込めた想いはうっとうしいくらい熱いかもです・笑)



2015年は、春夏/秋冬の2期にてお披露目致します。
色々なご縁で小ロットでこだわって他にないものを提案しておりますが、
年々、履物業界も職人さんや材料の問題で長年作られたこられたところが仕舞われたり…と、
少々暗い事情も深まり、益々日本の昔ながらの手業の危惧に直面。
なんせ今、草履の基本的な台の芯となっているコルクが、ものすごい勢い(今までの3倍以上)で高騰しているそうです。
それでもまだまだ「良い面白いものを作っていこう!」という高まりはあるもので、
そんな作り手のご縁もあり、
今回も春夏といいながらも少々遅くはなりましたが、仕上がりました(嬉)



2015年を吉祥に導いてくれる色のひとつに、ピンクがあります。
2014年の冬に出しました2015年に向かう草履・蒼彩 も今年の吉祥色を入れておりますが、
そこに盛り込めなかった色、優しく踊り舞うような雰囲気を作りたいと思っていました。

そんなことから、春夏のテーマは「花喰鳥(はなくいどり)」
花や枝を咥(くわ)えた鳥の姿は幸せを運ぶとして正倉院の宝物にも見られる由緒正しき吉祥文様です。
どんな姿かキニナル方は検索してみてください。

瑞鳥の羽ばたきから生まれる煌めきの色と、咲きほころぶ花びらの重なりを掛けてピンクのグラデーションで表しました。
今回は煌めきを大切にしたいと思い、コーディングもよりクリアな仕上がりを目指しました!
艶っつやに、煌めきベールを纏った台です。
そこに、ふわりと翼を羽ばたかせるふっくら白い鳥の羽根のような鼻緒。
福々しい姿は足に柔らかく極太の「真綿額縁仕立て」
実際に描かれる花喰鳥はもっとスマートな子かと思いますが、
私の中ではこの鼻緒の白鳥です(実は後から黒鳥も出てきます^^)
因みに白鳥もヤマトタケルが死後白鳥になったという伝説もあるくらい、
日本では昔から馴染み深い鳥なのです。



台の横には、アンティーク生地に織り出された花々。
元々は艶のあるコート生地。
着物を着始めた時、何も分からず「こんなコート着たい!」と思って骨董市で手にいれた洗い張りの反物でしたが、
良くみれば焼けなどもあり、さすがに年が合わなくなりました(笑)
綺麗なところを今回使っています。
コート生地なので、裏表の色の反転が洒落っ気な表情を出してくれます。
花喰鳥、実は目がいたずらっ子のようでお茶目なのです。

冬はほっそり目でしたが、今回は台のカタチもふっくら目の小判型。
踵を3段切り替え、前部分の高さを少し低めにして、オトナのセミフォーマル感も兼ね備えています。
ポップな洒落着も素敵ですが、およばれの席にも良い感じかと。
真夏の薄物季節にはちょっと鼻緒を暑苦しく重く見えちゃいますのでオススメ出来ませんが、
春の柔らかなパステルカラーのお着物コーデ、秋のこっくりとした色目、冬の凛とした空気に、
柔らかさと品を添えてくれると思います。
とりあえず、秋になったら私はコレを履いてホテルの美味なるアフタヌーンティに行きたい^^

淡い桜など次々と開花する花々の色の重 なりをたっぷり施した春色の草履、
そして、夏への移り変わりには竹皮の生成りを添えてさっぱりと色を控え目にした畳表の草履、
春と夏にはそんな履き変えも綺麗でオススメです。



で、今回ようやく念願だった畳表の草履を作りました!
畳表の草履は、台のすべてが竹皮を細く裂き、細やかに編んだもので出来上がっています。
今の多くのコルク台の草履になる前は、草履の基本はこの畳表でした。
竹皮で編まれた自然のしなりとクッション性に良く、足に優しい。
基本的に職人の手仕事のみで仕上げられていましたので、昔は当たり前でも今は段々その作る職人さんと材料が減ってきています。
昔から、下駄は日常のケの履物ですが、草履はハレの履物。
もちろん草履でも畳表草履でも、いろいろな種類と格に分かれていて、
今回のこちらは畳表の中でも品質高く、鼻緒の格によっては礼装にも履ける「南部畳表」
この「南部」とは、元々今の岩手〜青森の南部藩のこと。
ここで作られていた草履がその当時も高品質な作りで最高級と言われていました。
今は南部藩あたりでなくても、同じような高品質の作り畳表自体を「南部畳表」と言っています。



「南部畳表」の一番大きな特徴は、踵(かかと)あたりの真ん中にあるヘソのような窪み。
そして細く細やかに編まれていること。
「畳表」にはこの「南部表」と「野崎表」の二種があります。
「南部表」よりももう少し荒い編みが「野崎表」で、基本の編み方も異なります。
また、今回は畳表は清々しい竹皮の色ですが、竹皮を黒く染めたものが「カラス」と言われるもの。
汚れが目立ちにくいので、より日常履きに好まれています。



因みにこちらが普段履きに重宝している私の下駄の畳表たち。
手前の黒い色目が「カラス」で、奥は竹皮の色ですが編みの細やかさが「南部」とは違います。
これはコレで足に気持ち良く、浴衣の季節にも普段にも気持ちいい。



今回の畳表の草履は、台部分もすべて畳表。
後ろ7段、前3段の高さになります。
一番上の足が乗る部分は天と言われる部分なので、段数にはカウントされません。
草履の格は高さによっても決まります。
高い方がよりフォーマル度が上がります。
7段あれば、最上級の留袖にもOK。
今回は鼻緒も艶めきでフォーマル度を上げましたので、小紋から礼装まで大丈夫。

もしお背の関係や足の具合などで「高すぎる」とおっしゃる方には台の高さのご相談にも乗ります。
もちろん、男性の雪駄でのお作りもできます。
お気軽にお問い合わせください。

また今は「南部表」でも接着で仕上げている物も多く出ていますが、
これは昔ながらの熟練の手縫いの技で仕上げてられています。
何が違うかと言えば、しなり具合とクッション性。
自然素材の妙を体感出来るかと思います。
「畳表は滑る」とも聞きますし、実際最初は滑ります。
でもそれはまだ足になじんでいない状態ですので、
何度か履いていくうちに徐々に足になじんでよりフィットしてきます。
靴と一緒です。

着物や帯は大まかなサイズが合えば貸し借りも容易ですが、
履きクセのついた他の方の履物は、やはり気持ちが悪いもの。
大事に自分好みに履き育てていくのも醍醐味かと思っています。
丁寧に作られ大切に履かれたものは、もちろん長持ちします。
一番クセと痛みが生じるのは「鼻緒」の部分ですから、「鼻緒」を変えればまた新しい一足となります。
実際に、つい最近、5年ほど前にお嫁に出したお客様の草履の鼻緒変えをしました。
今は鼻緒の変えられない草履も人気ですが、
やはり足に合わせて鼻緒の調整がきき、長く慈しむことが出来ることを大切にしたいと思っています。

その時の記事は、こちら。
お気に入りの草履を末永く。

コトホギ屋で出しているものも、もちろん末永くメンテナンスのご相談にのりますので、
ぜひ「お問い合わせ」フォームからお気軽にご連絡くださいませ。

コトホギ屋 お問い合わせフォーム

皆様にとって佳きところへ導いてくれます一足に出会えますこと、願ってやみません。
今年の穢れを祓う水無月最後の日。
2015年の残り半分にも大きな幸がありますように願いを込めて。

彩詠
 





太陽もまぶしく、一気に夏がやってきた感じですね。

夏着物、浴衣の季節の到来ですよ♪



おまたせしました。

そんな暑い夏を軽やかに歩ける、

これからの季節にぴったりの草履下駄が出来上がりました(^o^)







季節が待ち遠しくなる草履・夏

夏野行く




シロツメクサの原っぱから、

空へ向かってまっすぐ伸びる向日葵畑。

そして、葡萄が色づく季節まで。

裸足でも、足袋を履いても夏のお洒落さんな足元を作ってくれる

彩詠イチオシの草履のカタチをした下駄ですょ♪







一般的に「下駄」は、木の台に2本の足が付いているカタチの履物です。

こちらの台は木ですが、2本の足があるカタチではなくて、草履のカタチ。

舟のようなカタチをしているので、「舟型」と言います。

草履のカタチですので、普通の下駄よりもちょっとだけおすまし。

浴衣でも、半衿を付けて夏着物のスタイルでも、他にはないワンランク上の着姿を作ってくれます。

劇場や美術館など、下駄ではちょっと…という場所にも、安心して軽やかに出掛けて行けます。



履物を作る世界では、

木で作られた台は下駄職人さんが作り、

台の芯がコルクなどで作られた草履は、草履職人さんが作ります。

鼻緒もまた別の職人さんが制作。

それを取りまとめているのが、

履物を扱っている卸問屋さんだったり、小売りの草履屋さんだったりします。

分業でそれぞれの職人さんの技で、草履や下駄は出来上がっています。







今回の天(足を乗せる上の面)は、

夏野をイメージして染めたインドシルクの生地を

クッション材と共に貼り、ラミネート加工してあります。

この天の部分は、草履職人さんの仕事。



ですので、この履物



桐台の下駄職人 + 天の草履職人+ 鼻緒職人



それぞれの手によって各部分が作られ、

それらを浅草の履物専門店 ketoy(ケトイ)が仕上げています。



ketoy では、履物問屋の30代の三代目が



「和装履物を作品として製作」

をモットーに、現代のニーズに合った履物を生み出しています。



和にとどまらないデザインを追求しながらも、

こだわりの素材選び、日本の職人さんの手による日本での製作。



実は一般的に表示上は、

最終的に日本で仕上げ加工がされれば、

「Made in Japan」になってしまいます。



着物、和装の世界でも、今はそれぞれの部位が

海外で作られたりするのが当たり前の時代。



でも、 ketoyでは、

日本人が考え、その手で作り上げなくては日本の文化にはならない

と考えています。



この考え、コトホギ屋でとても大切にしたい想いです。







下駄や草履は、鼻緒の挿げ具合(すげぐあい=鼻緒を台に取り付けること)で、

自分の足に合った下駄や草履が完成します。

着物の着付けと一緒ですね。



台の大きさはそれほど細かく設定されている訳ではありません。

おおまかに言えば、男性用、女性用といった

大きさとカタチの差が基本でした。



鼻緒を挿げる職人さんの技は、

お客様の足に合わせてピタっと挿げること。



本来は、実際に職人さんに足を見て

挿げてもらうのが一番ですが、

インターネット越しではちょっと難しいですので、

ぜひ、ご注文の際には、

・足のサイズ(いつもの靴サイズ)

・甲が高い、低い・外反母趾気味など

・挿げの好み(きつめ、ゆるめなど)

・下駄、草履を履き慣れている、いない

など、ご自分の足の特徴をぜひご連絡ください。



今、流通されている多くの下駄や草履は、

既に鼻緒が挿げられた状態で売っているのがほとんど。

これでは、サイズの合っていない靴を履くのと一緒です。



着物の時と洋服の時では、美しい姿勢や歩き方が違い、

筋肉の使い方も異なります。

たしかに慣れないと、翌日ふくらはぎやお尻が筋肉痛だったり(笑)



靴に足を入れるように、鼻緒にザクッと

親指と人差し指の間いっぱいに入れてしまうのは、実はNGです。

親指の人差し指で挟む感覚は残してくださいね。



指にチカラが入っていると、自然に重心が少し前になり、

お腹が引っ込み、お尻もキュッと

(だから慣れないとお尻が筋肉痛になるんです)

丹田(おへその少し下)にもチカラがこもります。

そうすると、着物姿で美しい姿勢に。

鼻緒に足を入れすぎるのは、足サイズに合わせて挿げた状態を

強引に伸ばしてしまうことにもなります。







今回の夏の草履下駄は、台の大きさはワンサイズです。

鼻緒の挿げ具合で、22〜25cmぐらいの一般女性に合う大きさです。

基本的に履いた時に、踵(かかと)が少し出るぐらいが

重心が前にいき、安定します。

22cmの方ですと、台から踵は出ない状態にはなりますが、

挿げ具合で逆に疲れにくくなります。



着物も草履も基本のカタチは決まっていても、

最後の仕上げはオーダーメイドが昔ながらのスタイル。

日本でキチンと作られて、最後は自分仕様に仕上げることは、

昔から当たり前のこと。

当たり前の贅沢をこの夏、ぜひ楽しんでください^^







日本の伝統産業に押し寄せている職人さんの高齢化や

受け継がれていっていたはずの技術の途絶え…などは、

和装履物業界にも広がっています。



需要がなければ廃れていく、これもまた常のこと。



職人さんが「作りがいがある!」というものを提案して、

チャレンジして作ってもらうことも、

今の時代は大切かなぁと、ketoyさんとも話していました。



日本の文化、着物の文化は、

共に作る時間を楽しみ、出来上がる時間を待つ 文化でもあると思います。

なんでも、欲しいと思った時に手に入る時代ですが、

次の季節の為に出来上がる時間を楽しむことが本来の日本人であり、

オトナの楽しみかなぁと思っています。



ぜひ、夏のお出掛けの楽しみを、ご一緒に少しだけ待って手に入れてくださいね♪



6/7(土)・8(日)には、試し履きの機会もあります!



この両日、西荻窪は楽しいお茶のイベント 西荻窪 チャサンポーが開催。

コトホギ屋では去年に引き続き、チャサンポー地図NO.70 昭和の邸宅 一欅庵(いっきょあん)にて参戦。







彩詠も両日とも現地におりますので、ぜひお声掛けください^^

夏の草履下駄のこと、熱く!語らせて頂きます(笑)



詳細は、こちらもご覧ください。

香りのワークショップなどもあります♪



西荻窪茶散歩に出店します!



**



季節が待ち遠しくなる草履・夏

夏野行く

櫻始開(さくらはじめてひらく)



今年は暦とおりに、桜の便りが聞こえてきている気がします^^

ご無沙汰しております、彩詠です。







春分の日に御目見得した

季節が待ち遠しくなる草履・春

ご覧頂けたでしょうか?



今年の福をギュギュっと詰め込んで、

芽吹く年、力強く可憐で素朴な花たちをイメージしつつ、

野を軽やかに楽しむ草履をデザインしました。



履物は、外へ踏み出すための結界。

裸足じゃ痛くて歩けません(笑)

そして、新しい年の始まりの新しい履物は、

気分も新たに良い方向へ導いてくれるもの。

新しい春、新年度の第一歩にふさわしい想いを込めてお届けします。







草履の側には、とっておきの古布を。

淡い緑が儚く染めが美しい昔の羽裏(羽織の裏生地)は、とても滑らかで昔の良い手仕事が施されたもの。

絹の生地は昔は貴重でした。

何度も水をくぐり柔らかくなったビンテージの生地は、大切に使われてきた証。

時代を経て弱ったり、汚れがあったりとそのまますべてを使えるわけではありませんが、

貴重な生地の良いところを「ここぞ!」という時に使うのは、今の時代の私達の大切なこと。

今回はテーマにあったこの生地があったからこそ生まれたもの。

故に、限定5足でのお届けになります。



昔の職人さんの手仕事を、草履を丁寧に仕立ててくださる現代の職人さんとのコラボ。

横から見ると、この生地が生きて、すっきりと柔らかな足元を作ってくれます。



それに対して、天(足をのせるところ)は、他にはない色が重なりあった市松模様。

少し派手に見えるかもしれません。

でも、履いている時はこれぐらいしか見えないのです。







チラリ。



鼻緒は少し太めで足辺りよく柔らかですが、

上の蒲公英とミモザ色のリボンは少し細め。

履いた時はスッキリと綺麗に、

脱いだ時は草履としての美しい存在感。



因みに上の履いている草履は、3年前に作ったもの。

キチンと日本の職人さんによって仕立てられたものは、

お手入れや履き方を少し注意すると、

しっかりと長持ちして履きやすい。



知っているようで知らない日本の履物のこと。

四季を通じてこれからお伝えしていきます。



季節を待ちわびる草履 と一緒に、どうぞお楽しみください^^



あ、Sサイズのお仕立ても叶うことになりました!

気になる方は、どうぞお問い合わせください。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    marie
  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    芦田
  • 素材と調味料の美味しい関係
    彩詠
  • 素材と調味料の美味しい関係
    白木滋里
  • 冬のお野菜便*感想 (noa様)
    noa
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    marie
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    iko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM