一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

干支の帯留め「円満こざる」が
お披露目となりました!

毛並みではないですが、素地の模様が
1つ1つ異なり、愛らしさの中に品がある
とても素敵な仕上がりです。(大満足 *^^*)

この帯留めは水牛の角で出来ています。
その素材の透明感がよりやわらかな雰囲気を
作品にまとわせていると思いませんか。

この素材のこと、そして作り手の
BISOUさんのことを書きたいと思います。



まずは素地となる ↓ 水牛の角です!



一定の厚みにスライスされた板状の水牛の角。



形を繰り抜いて



研磨していきます。



ケバや余分な油を除いて艶を出すために
研磨の工程は繰り返されます。



それぞれの職人お手製の道具。



贅沢な先代の作品。

こちらの工房は創業80年、最初は珊瑚や象牙で
装飾品をつくる伝統工芸の職人集団でした。



大きな変化があった1989年。
ワシントン条約で象牙の輸入が禁止され
また、後継者難から象牙工芸全体が
過渡期を迎えます。



この変革期に、当代は水牛の角や骨に着目し
次なる素材に選ぶために研究を重ねました。

これらは先代の象牙作品です。


3D印刷でまったく同じ立体製品が作られる時代。

だからこそ1つ1つ手彫りの、
あたたかみある作品に惹かれ
その微かな違いが強烈に
愛しいのかもしれません。

研磨の作業工程で出る微粉が
舞い降り積もる工房。



真っ白な世界でただ黙々と花を象る
職人の手がとても印象的でした。



こちらの工房で1つ1つ丁寧に
福々と彫られた「円満こざる」。

デザインを手がけてくださった
BISOUさん
(当代の奥様です ^^)



新しい年、陽気に可愛く魔を避けて
佳き出逢いを運んでくれる賢い仔を
コトホギ屋が大事にお届け致します☆ 

  • -
  • 19:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    marie
  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    芦田
  • 素材と調味料の美味しい関係
    彩詠
  • 素材と調味料の美味しい関係
    白木滋里
  • 冬のお野菜便*感想 (noa様)
    noa
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    marie
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    iko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM