一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



いてかえる寒さが身に染みるこの頃。

まだまだ温かいお鍋料理にシアワセを感じる毎日。







近江からむちむちっとした箱に詰まってお野菜が届くようになって、

手の掛かったお料理をしていない彩詠です(あはっ)



なんせ素材がいいもんですから、

何も足したくなーい!というのが正直なところ。

最低限の手間と+@でガシガシ栄養補給中。



今回届いたお箱の中は…

・白菜・キャベツ・春菊・なばな・赤かぶ・ビタミン大根

・ハナビラタケ・黒あわびたけ・トマト・壬生菜・人参



新聞紙に包まれたお野菜たちは、

さっきまで畑にいました(^o^)と言っています!



さてさて、

本来のお野菜はこういうモンだ☆

ということを気づかせてくれる味濃い野菜たち。

その中でもよく食べ慣れている白菜やキャベツは格別。

白菜はお鍋でトロトロになったものも好きですが、

さっと茹でて、または蒸して裂いたモノに、

鰹節とお醤油をタラリとした食べるのが一番好き。

今回もそうしようと思ったら、

野菜自体の味が濃いのでお醤油や鰹節が邪魔なんですね。

でも、何かひと味欲しい…ということで、

お醤油が登場する前のお醤油のような調味料を作ってみました。







煎り酒

江戸時代には主流だった液体調味料です。

日本酒に梅干しを入れて煮詰めたもので、

時代小説を読んでいると時折出てくるので気になっていました。

料理人が自分の味の隠し味、要になる味として大事にしていたもの。

使う日本酒と梅干しによって出来上がりの味はいろいろですが、

甘みと塩気がやさしく、醤油のように強い個性がないので、

素材本来の味を邪魔せずにより引き立ててくれます。

江戸時代の野菜は当然無農薬。

濃いしっかりとした味だったはずなので、

条件は一緒かと^^



今回は岐阜で求めてきた料理酒、味酒。

料理酒といいながらも、古酒になる基のお酒。

甘みが強い日本酒なので、梅干しの塩気とよく合うかと。

これが大正解で、風味豊かな自分だけの調味料が出来ました♪



200mlの日本酒に、

大きめの梅干し(塩と紫蘇のみで漬けられてもの)をほぐして入れ、

弱火で半量になるくらいまで煮詰めます。

うちは、ストーブでコトコト。

梅干しを漉して、一日二日寝かせた方が味が落ち着きますが、

冷めたらそのまま使っても問題なく。



基本、我が家は濃い味噌と醤油を使っているので、

薄口醤油変わりに使える調味料が出来ました♪



+++



で、他のお野菜達は…といいますと、







壬生菜は、箱の中のお手紙のお勧めな食べ方、ハリハリ鍋に。

本来は鯨と水菜ですが、

鯨よりもお手軽な豚で代用。

1週間以上、塩麹に漬け込んでいたものなので、

旨みと脂みが壬生菜に絡んでいくらでも食べられましたよ。

ちなみに壬生菜は、丸葉水菜とも言われ、

水菜とは違い丸っぽい葉っぱで、一株がとても大きい。

シャキシャキ感が食べ応えあるものでした。







〆は、細うどんと一緒に♪







ビタミン大根は、皮を剝いても鮮やか色です。







皮は細切りにして、赤かぶの葉っぱとハナビラタケと一緒に、

ガーリック炒め。

甘い!甘い!甘い!







おろしたビタミン大根は、

ゆで卵を刻んだものと一緒に炊きたてご飯の上へ。

お醤油をチョイッと垂らして食べると、

おかわりが止まりません(笑)







春菊はさっと茹でて、シメジと一緒に白黒ごま和え。

キャベツは出来たて自家製ベーコン炒め。

黒アワビタケは、フリッター。

ビールで小麦粉を溶いて薄く衣を纏わせると、

サクっと中はジューシー。



と、こんな感じで凝ったモノを作っていない我が家でした。

でも、それが一番。

大満足な食卓♪



あけましておめでとうございます!



本日一月七日、人日(七草)の節句でございます。

宮中行事から、江戸時代に公式の節句となったこの日、

七草の粥を食べ、一年の無病息災を願います。



春の七草

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ







彩詠宅でも年末年始のたらふく食べた胃を休める為に…

本日の昼食は、七草おにぎりです!

朝食を食べない我が家、

仕事始めのお弁当にオットも持参出来るように、

朝からおにぎりを握っておりました。

本来は、お腹に優しいお粥さんですが、

お餅を食べ続けの胃には、お米が新鮮(笑)

熱々のほうじ茶と共に頂きます♪



2/4の立春より、いよいよ本格的に2013年も始動します!

それまでに、今年の願いや決意も新たに、

ダルマ入魂式を♪







今年のダルマさんは、真っ蒼な板皿の飾り台に乗りますよ。

ただ今、絶賛受付中です。



ココ、ポチっと。



今年は、人の願いが一番届きやすい年。

謙虚に生かされていることに感謝をし、

ダルマさんに想いを込めて、

健やかに一年をお過ごしくださいませ。





メリークリスマス、でございます☆

今年も一人増えたサンタさんと、ひかりのきツリーでクリスマスを楽しんでおりました♪



ご無沙汰しております、彩詠です。

夏からホントに色々と、今年のご縁の集大成のように本を作っておりました。

動くためには、やはり美味しいモンで栄養補給をしながら…。



毎月やっている 通称・肉の会。

本来は、1ヶ月分のベーコンを作る会なのですが、

美味しい晩ご飯を食べながら、

ベーコンを作って出来たてを試食するので、

いつの間にか 肉の会 となっております(笑)



今月12月もクリスマス1週間前に、

肉の会〜お鶏さま丸焼き編〜を楽しくほおばってきました!







肉の会、おかかえシェフによる

朝引きによる赤鶏(地鶏)の丸のローストチキン!







解体ショーも楽しい♪







シェフが綺麗に盛りつけてくださいます。

鶏の中に詰まったご飯やガルバンゾーは、肉汁と絶妙な塩加減が後をひく、ひく!

付け合わせの採れたてのジャガイモ、人参、マッシュルームを、

鶏と交互に口に運べば幸せエンドレス。

いくらでも、お腹に入ります、はい。







肉はやっぱり、手でかぶりつき!

うらやましい?カメラマン毬詠氏も揺れます(笑)

いや、揺れてない写真もあるんでけどね。

我ながら、ご機嫌にほおばってる姿があまりにも笑えて^^





あ、もちろん肉ばっかりほおばっているわけではありませんっ。











シェフの創作料理の数々。







シェリーもご機嫌にすすみます!







あらかた食べ尽くした頃、

仕込んであったベーコンも出来上がり。

熱々の出来たてのパンチェッタ&ベーコンは、

市販のモノとは全く違う味。

毎回作る度に肉の状態や塩の抜き加減、

気温による加熱の具合などでいろんな仕上がりになり、

仕込んだ人によってレシピも違うので、

食べ比べがとても楽しく、次回への課題へ。

いやいや、楽しすぎる♪







宴もたけなわ。

口直しは、近江のとうもろこしのポップコーンと、

彩詠作りんごケーキ。

スクエアに切り分けて、ツリーのように盛ってみました☆







突如、シェフの描き始めたあみだくじで、

プレゼント交換アミダ!







彩詠のところにやってきたのは、毬詠氏からのプレゼント。

「こぼれ梅」なる珍味と、その「こぼれ梅」が登場する小説。

こんな意味深いプレゼント、初めてです!



「こぼれ梅」のその後は、後程続きます。

まずはまずは、お肉でお腹いっぱい(笑)



今年も食べられることに感謝な一年です。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    marie
  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    芦田
  • 素材と調味料の美味しい関係
    彩詠
  • 素材と調味料の美味しい関係
    白木滋里
  • 冬のお野菜便*感想 (noa様)
    noa
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    marie
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    iko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM