一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

季節が待ち遠しくなる草履。
毎回、今 履きたい雰囲気で、目一杯の好きを詰め込んで、
職人さんの技術をお披露目し、繋ぐモノを目指して、作ってもらっています。
今年もようよう見て頂けるよう整いました。



たん、ぽぽーん♪
と鼓を打つような軽やかさ、鼓草(つづみくさ)は春先から可愛らしく野に道ばたに咲き始めるタンポポのこと。
春先に真っ先に元気に咲き始めるタンポポやミモザは、私にとって、冬の縮こまった心と体を後押しして、「春だよー」告げてくれる花達です。
黄色は、有彩色の中で一番明るく、見ているだけで楽しませてくれる色かと。
この「季節が待ち遠しくなる草履」シリーズでも、真っ先に作ったのがそんな黄色を軸としたお草履でした。
最初でしたので、コダワリを詰めすぎて、限定5足というミニマムな展開となり、
でも、とっても好評を頂き、自分のモノも確保出来ずに、皆、お嫁に出しました。
嬉しいことです。
そんなわけで、今年の始まりはやっぱりミモザやタンポポのような軽やかになれる草履を作りたいな、と。



大地の色、木の色、空の色、葉の色、花の色。
そんな野原の色をクラシカルな色合いで市松に組みました。
オトナの可愛さを存分に。
鼻緒の色は若竹色に近い、微妙な青混じりの緑。
写真というフレームの中には収まりきらない、微妙な色合いですので、
見るディスプレイによって微妙に色が異なるようです。

そんな鼻緒に…



吉祥アイテムである「粒々」を 施してみました。
寄せ集まることは、小さな思いも大きく一緒に育っていくキッカケの年です。

寄せ集まって、美しさを作る。

昔はビーズ刺繍などビーズが施された鼻緒もありましたが、めっきり無くなりました。
ビーズは、鼻緒が出来上がってから施します。
なぜなら、ビーズが先に付いていると鼻緒が縫えない、ひっくり返しが出来ないから。
なので、かかる手間と失敗が許されない最後の緊張感。



「デコってる」ともいわれますが、今、目新しく映ることも、ほとんど昔からやられていること。
手間のかかりようで暫し廃れたりしても、やっぱり戻ってきたり。

こんなモノあると、いいねっ。

も、歴史は繰り返すんですねぇ。
昔の佳きものをブラッシュアップして、またお目見得。

草履単体で見ていると、今までにない鼻緒を派手というか主張が強いようにも見えますが、
履くと足元をキラリと飾るほど。
裾からチラリと見える煌めきをご一緒に楽しんで下さい。



オトナの可愛い、オトナに可愛い粒ら(つぶら) 。

小さなビーズ、アンティークやビンテージのガラスビーズ、天然石やスワロフスキー、スパンコールなどをトルコの伝統的手仕事オヤ編みを基本に、オリジナルの編み方で粒らビーズ(つぶらビーズ)に編み仕上げました。

祖母が残してくれた本当にちっちゃな戦前のガラスビーズなども詰め込んで、
最後まで着物姿が本当に「可愛いなぁ」という部分がいつもあった祖母を思い浮かべながら、粒々を編み寄せました。

「鼓草」のお草履には、今回はこの粒らビーズで作った羽織紐にもなる 鼻緒留め がついています。
(「瑠璃」のお草履には、瑠璃色の市松リボンの 鼻緒留め になります。詳細は、本頁 をご覧ください。)




もう一足は、これも作りたかった素材のひとつ。
去年からの「なかなか手に取る機会が少ない素材シリーズ」畳表、真綿草履に続き、
今回は、地球上で強靭で最も美しいとも言われる生物からの贈り物、ホースヘア です。



隆々と風にたなびく馬の尾毛。
馬の尾は70cmほどまで伸び、絶えず生え変わります。
その生え変わる為に落ちたしなやかで強く美しいこの尾を横糸に用いて織られたものが、ホースヘアと言われます。
織り生地になったものは、サラリとした素材感でよく夏向きに紹介されますが、もちろん年中使える素材です。
織るのも職人の手技が活きるもので、もちろんピンからキリの高級素材の一つになっています。



そして、この素材を守り引き立てる為に、リング仕立てというカタチで作りました。
ひと昔前の草履にはよく見られたこの仕立て方も、出来る職人さんが減っています。
上から見ると、側の部分が足を乗せる天の部分をグルリと囲むカタチ。
草履の変わり仕立ての中でも、素材と色の合わせ方で雰囲気が違い、ポップにもクールにも出来るなぁと思い、気になっていたタイプでした。



今回は、長く大切に「いい女」気分になりたい時に履きたい、をイメージして仕上げました。
夏の爽やかさと、冬のノーブルなクリスマスの雰囲気。
瑠璃=太古のガラス がイメージの元になっています。



毎回、野庵・コトホギ屋・落雁と季節の会が繰り広げるイベント「一欅庵 和の暮らし展」をお披露目の機会としてそれに会わせて作っていますが、今年2016年のテーマは「御伽草子の玉手箱」。
有名な昔話の他にも、その土地土地に伝わる伝承の昔話がたくさんあります。
そんなお話をまとめた本が昭和28年に刊行されているのですが、
春夏は、神奈川は江ノ島に伝わる「瑠璃のかんざし」という不思議で可愛らしいお話を取り上げてました。
海辺の竜宮城への趣きと小さな七福神が登場し、その中でも弁天さまの瑠璃のかんざしとおじいさんのお話。
和の暮らしのモチーフになりそうな言葉の数々が、各作家の中で膨らまされて、新しい作品へ繋がっていっています。

「瑠璃」と聞いて真っ先に正倉院御物の「瑠璃杯」を想った私。
20年ほど前に実物を見た 遥か海を渡ってきた当時最高の技術のグラスは、魅惑溢れ、可愛らしくも気品ある姿。
今回はその雰囲気を草履に寄せ、太古の技術と今の職人の技術を重ね合わせました。

本来ならば「売り続ける」ことを考えると、来年ひょっとしたらもう作れないかもしれない、値段が上がり過ぎるかもしれない、というものは避けるべきかもしれません。
でも、そこを考えちゃうと普通のメーカーさんなどになってしまうかな、と。

「草履」という限られた小さな惑星にも「こんな技術がまだまだある」ということを知り、
個々には名前が上がってこない職人さんの技、日本のモノづくりを残し、作ってもらうことが、
少しでも次へ繋がっていく小さなチカラになればいいなぁと思いながら、今年も作りました。

お気に召して下さる方がいらっしゃると、今年も嬉しいです。

2016年 水無月 6日
彩詠
 

干支の帯留め「円満こざる」が
お披露目となりました!

毛並みではないですが、素地の模様が
1つ1つ異なり、愛らしさの中に品がある
とても素敵な仕上がりです。(大満足 *^^*)

この帯留めは水牛の角で出来ています。
その素材の透明感がよりやわらかな雰囲気を
作品にまとわせていると思いませんか。

この素材のこと、そして作り手の
BISOUさんのことを書きたいと思います。



まずは素地となる ↓ 水牛の角です!



一定の厚みにスライスされた板状の水牛の角。



形を繰り抜いて



研磨していきます。



ケバや余分な油を除いて艶を出すために
研磨の工程は繰り返されます。



それぞれの職人お手製の道具。



贅沢な先代の作品。

こちらの工房は創業80年、最初は珊瑚や象牙で
装飾品をつくる伝統工芸の職人集団でした。



大きな変化があった1989年。
ワシントン条約で象牙の輸入が禁止され
また、後継者難から象牙工芸全体が
過渡期を迎えます。



この変革期に、当代は水牛の角や骨に着目し
次なる素材に選ぶために研究を重ねました。

これらは先代の象牙作品です。


3D印刷でまったく同じ立体製品が作られる時代。

だからこそ1つ1つ手彫りの、
あたたかみある作品に惹かれ
その微かな違いが強烈に
愛しいのかもしれません。

研磨の作業工程で出る微粉が
舞い降り積もる工房。



真っ白な世界でただ黙々と花を象る
職人の手がとても印象的でした。



こちらの工房で1つ1つ丁寧に
福々と彫られた「円満こざる」。

デザインを手がけてくださった
BISOUさん
(当代の奥様です ^^)



新しい年、陽気に可愛く魔を避けて
佳き出逢いを運んでくれる賢い仔を
コトホギ屋が大事にお届け致します☆ 



霎時施 (こさめ ときどき ふる)
秋のこの時期、時折降る雨。
冬支度をツゲル通り雨ですが、関東もちょっとばかしそんな雨が心配だった今日この頃。

2015年 秋冬のお草履をようよう送り出すことが出来ました。
今回は、シュッとして福々しく…こちらがテーマです。
想いのテーマはあっても、なかなかぴったりくるこのお草履の名前が出てこなかったのですが、
目出度く「福寿」という名前を付けて頂きました^^

秋冬の季節は、冬支度と次の年へ向けての年用意の時期。
次の年の最初には、” 足元温かいお草履が履きたい ”
そんな気持ちと、いつかはこれまた作りたかった真綿草履を作る機会がピタッと重なりました。

草履の足を乗せる天の部分には、近年、化学素材も発達して、
低反発、高反発やらなんやらスポンジ入りやら、色々出てきました。
歩く道路事情も変わってきたので、それはそれでもちろん良い履き心地で、
お手頃価格で手に入るようになりました。
その背景には、今までの履物を構成している素材の高騰やら確保の難しさから、
履物業界が生き残りを掛けて、試行錯誤をしているわけです。
そんな背景はあるわけですが、もちろん、昔ながらの天然素材で構成された草履も少しずつですが受け継がれています。



春夏の畳表草履と双璧の存在、真綿草履。
天の部分に、真綿(絹の綿)がみっちりと詰められています。
その真綿の高さ25cm!
出会った真綿の高さの最高位です。
↑ 福々しさ加減、伝わりますでしょうか?
真綿の高さは発注企画する店舗の都合などによるのでまちまちですが、10〜15cmぐらいが多いようです。
高さある真綿を天の部分に綺麗に入れるのは、まさに職人技。
その技を見たいとも思うのですが、問屋さんにも見せない職人の秘密とか。
(見せない事情も分かりますが、それが技術の伝承の妨げにもなっているのかな、と単純に感じてしまったりも…)
現在、この真綿を詰めることが出来る職人さんは、日本に2人とか…と聞いています。
次の世代へ受け継げなければ、どんどん途絶えてしまうわけでです。

真綿のクッション材の心地は、それはもう、雲の上を歩いているかのような足あたりで、
ふわっとした温かさが足裏に伝わってきます。
これは、足を入れて頂かないと伝わりきれないっ。

今回のお色は、もちろん来年の吉祥色から発していますが、
来年の象徴である「女性」が美しく見える、ことを第一に色の重なり、草履のカタチ、バランスを決めました。
そして、末永く ”履いて、育てて、自分も成長する ” を念頭に、
年を重ねてもその時々に格上げしてくれる、
着物の美しさを引き立て、足元から凛とした美しさになるように…
そんなことを考えた時に、自然と清浄の白色、白足袋から重なる白のグラデーションにいきつきました。
今まで作ってきた草履の数々は、どちらかというと
草履も主役!
脱いでも主役!
の勢いでしたが、鼻緒もツボも受けもすべて白、天もつや消しの白。
素材の違いで見える白が異なりますので、そこから重なる美しさを求めました。



本当は最初、ツボだけは吉祥色の紫を入れる予定でした。
が!
幸か不幸か、本天(天鵞絨(ビロード)の最高級品)に予定の紫の在庫が無くなるという事態が勃発。
これも、素材が無くなっていく…という出来事のひとつです。
天鵞絨もランクがいろいろありますが、値段の良いものは需要も減り…という悪循環が生産を減らし、色数も減っていくわけです。
ツボに色が入るだけで、印象はとても変わります。
今回は良い意味で、私の持っていた欲がそぎ落とされて、よりシュッとしたノーブルなスタイルに出来上がりました。
(まだまだ盛り込みたい欲望が多いようです・笑)



側は、丁寧にサテンリボンを市松に組みました。
よく聞かれますが、この市松部分は私が一つずつ組んで生地にしております。
もっと色をそぎ落とすべきか…とても悩み試行錯誤しましたが、
これくらい色が残っていた方が、フォーマル度が強すぎず、洒落感も出るだろう…と。
どうでしょうか?
踵あたりに少しだけ、吉祥色の紫と魔除けの赤を限りなくベージュに近づけた(パープルとピンクともいう)2色を添えています。
一見分からないくらいの加減です。
そして、あえて真後ろではなくて、少しずらしています。
(職人さんのこの加減が素晴らしい!なっと・嬉)

底は、牛革。
天も、牛革。
どちらも革の中でも粘りがあって強い銀付(ぎんつき)上革。
詳細は、本頁をじっくり読んでくださいね。

末永く履く、ということは素材が良くないと出来ないわけで、
何事においても、素材が良くなければ、手入れして育てて使うことも出来ないわけです。

「数少ない職人さんの手業が詰まったものを大切に末永く愛して頂きたい」

今回作る上で相談に乗ってもらった履物問屋さんの一番グッときた言葉。

何故その値段なのか、ということもちゃんと理由があるわけで、
ここでは本来は伝わってこない部分もすべてをキチンとお伝えして、
技術と素材が少しでも継ぎへ繋がるようなお手伝いと、
自分自身もそれに見合うように成長したい、と思っています。

履物は、結界。
履物は、道しるべ。

その人を守り、導いていってくれる草履をお伝え出来たらいいな、と思っています。
その時折、出来る限りのものを注ぎ込んでおります。

今回そんなこんなで、去年発表したお草履を含めた 受注会 も開催しております。
既にお届け出来ないお草履もあります。
一番最初に出した 2014年春のお草履 蒲公英とミモザ。
元々限定5足の予定でした(側の生地がそれ以上取れないのですが、どうしても作りたかった)
そして、こちらの台の芯の廃盤 により、このスタイルではお届け出来ない状況です。
実はかなり再販リクエストが多く、当初は予想もしていなかった嬉しいコトなので、
少しカタチを変えて、新しい蒲公英とミモザが作れたらいいなっと、
ちょっと構想を練り中です。
流れが激しい履物業界ですが、その時最高のモノをお届けしたいと思っております。
お気に止まりましたら、どうぞよろしくお願いします☆

2015年 醸成月(かみなんづき)
彩詠

 

ご無沙汰ぶりでございます ^^;

お待たせしましたっ
季節が待ち遠しくなるお草履 2015年・秋冬
「真綿のお草履」があがってまいりました!




とても美しく惚れ惚れしてしまう色・形。
これでもかーなりお値段は抑えております。
(本頁ご参照)

そう、実はお草履業界全般で、素材の
値上がりが起きているのです、、(困

またこの短期間に取扱い廃止になった
草履台も出てまいりました。

今まで過去のお草履への受注も
お値段は据え置きでご案内してまいりましたが
2016年には改めざるをえない or お受け出来ない種が
出てきますこと、どうぞご了承ください m( )m

暮れの整理前に、2015年コトホギ屋の冬のおしたくとしまして
今までの「季節が待ち遠しくなる草履」の受注会を
開催致します。(10月31日迄)

▼ 今までのお草履 ラインナップ
http://kotohogiya.com/?mode=cate&cbid=1723699&csid=1


☆ 2015年春夏/花喰鳥  ☆




お届けは来年の立春から雛の節句あたりです。
(お草履によってマチマチです。)

プレゼント 受注会特典として送料無料&
お出かけ時に大活躍する
チーム一欅庵特製手ぬぐいをプレゼント!

いずれも素材に限りがあったり、職人の後継が絶えると
もう製作いただけなくなる履物ばかりです。

迷われていたお客様、この機会に是非ご利用ください ^^

☆ 2014年夏 ☆



☆ 2014年 秋 2色展開 ☆



☆ 2014年 冬 ☆



☆ 2015年春・畳表 ☆

前回、「実は黒鳥も後から出てきます^^」と書いたつづき。



こちらが、黒鳥になります★



男性用の雪駄です。
チラリと見えるピンクが、シュッと着た着物の裾からこぼれ見えると、
思わず振り返り付いていきたくなる匂う色気になるかと。

シルクロード渡りの代表的な意匠の一つに 「含綬鳥(がんじゅちょう)」 という 真珠や綬帯(じゅたい)と呼ばれるリボンをくわえる鳥の文様があります。
かつて砂漠の国では王の象徴として、はちまき状のものを冠に用いたため、綬帯(リボン)をくわえる鳥の姿は高貴で神聖なものでした。
そこに唐の意匠が融合し、「花喰鳥」の文様が生まれたため、元々は高貴なる王のもの。
着物を愛する武骨なザ・日本男子にも、色気と華やかさをプラスしてくれるかと。



天は女性用の花喰鳥と同じ色合わせですが、側面は黒。
コーティングしてあるので手に取って頂かないと分かりにくいですが、
地紋ある黒繻子を使っているので、ところどころ織柄が見えます(ちょうど白くなっているところ)
毎度、写真に撮りにくい素材をいつも綺麗に切り撮って頂いています(ありがとう^^)

煌めきなピンクの台もメンズの黒い足袋がのると、見えるのは先の部分の少しだけ。
決して派手すぎることはありません。
でも、玄関で脱ぐと色っぽい。
そしてパートナーと一緒にお揃い☆★、なんて姿もうっとりかと。
着姿ではチラリとしか見えない部分でも、密かにお揃いはやり過ぎ感なくて良い感じに。

コトホギ屋の草履は、基本的にはオーダーを頂いてからのお作りになります。
ですので、女性の方でも雪駄タイプが欲しい方には対応できます。

雪駄はまだwebページがございませんので、
価格やサイズなどの詳細がキニナル方はぜひ下記お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。
コトホギ屋 お問い合わせフォーム

なんでもファストですぐ手元に届く時代ですが、
じっくりと次の季節や場面に想いを馳せ、自分だけのモノを誂える楽しさを味わって頂きたいと思います。
工場ラインで仕上がるものではないですので、手間と時間は掛かります。
草履も実は一つの場所で出来上がるモノではありません。
素材の加工(リボン部分は私が一つずつ組んでいます)、芯の加工、ビニールコーティングの加工、鼻緒の加工。
すべて別の場所の分業制で出来上がります。
それをトータルでまとめて仕上げてくださるのが、所謂、履物問屋さんだったり、企画して小売りする履物屋さんだったりします。
近年はそれぞれの加工する業者さんの高齢化などで数がどんどん減っていき、
数少なくなっていく腕のいい職人さんに注文が集中します。
ですので、加工して貰うことも順番待ち。
お客様は本当はそんな裏事情を知って頂くことは無いのかもしれませんが、
着物業界、手仕事の業界の切迫している状況は、もはや対岸の火事ではなくて、
日本のキチンとした手仕事のモノをこれからも使いたい、と思ってくださるならやはり知っておくべきことだと思っています。
需要がなければ、後継者もなくてどんどん廃れる。
淘汰されるといってしまえば簡単ですが、失ってから過ぎ去ってから気づくことはとっても多い。
ならば、今やれることを少しでも微々たるチカラだけど拾い上げていこう、
そんな想いも込めて、毎年草履を企画しています。

履物は、外へ出る時の結界。
佳き履物は、佳き場所とご縁を導いてくれる。

そんな古(いにしえ)からの受け継がれるコトを大切にお届けできたら嬉しいです。

彩詠


 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    marie
  • キノコだと名乗った以上は、編みカゴに入れvol.1
    芦田
  • 素材と調味料の美味しい関係
    彩詠
  • 素材と調味料の美味しい関係
    白木滋里
  • 冬のお野菜便*感想 (noa様)
    noa
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    marie
  • 逃げきれません☆白菜さんっ
    iko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM